TA(交流分析)入門から資格取得まで

TA教育研究所

モラル・ハラスメントとドラマ・トライアングル

モラル・ハラスメントとドラマ・トライアングル

 (救助者・迫害者・犠牲者)         By Yoen Ishiyama

 

モラハラの加害者は、自分が優越感を得るために、相手を攻撃しておとしめる。そういう生き方しかできない人間のようです。

この人たちは、相手の苦しみはおかまいなし、というか、むしろ悦びのようです。相手を服従させ、屈辱を与え、苦しめること自体が快楽なようです。

そうせずにはいられない人間が世の中にはいるのです。もちろん治療と教育が必要な人たちです。

 

加害者(迫害者)とは、どんな人間か。

被害者とは、どんな人間か。

 

加害者(迫害者)

パートナーでも、部下でも、当然考えの違いがあります。

お互いに譲り合わなければやっていけないでしょう。

加害者は絶対譲らない人、ほんの少しでも否定的なことを言うと、怒りが抑えられなくなります。

たとえ自分が間違っていると分かっていても、どんなに簡単に、譲れることでも、絶対に譲らない。そのことで、どんなに事態が悪化しようが、相手がどれほど苦しもうが、かまわない人なのです。

 

加害者は、初めから話し合って解決する気がないのです。

ただ間違いを認めたくないだけです。まともな理由がないから、ごまかすのです。ウソをついてでも間違ったことをやり抜きます。

部分部分は一見もっともらしいから、つい、そこに気をとられて振り回されてしまいますが、本当は意味なんてないのです。ごまかすために何でもかまわず言ってるだけ、嘘が平気なのです。

だから、今までAのことを重要みたいに言っていたのに、いきなり全く関係のないBの話しを始めたりします。

被害者は、わけが分からなくなります。「何でそんな話しを今?」って感じです。

いきなり後ろから頭を殴られるみたいな気分です。出口のない迷路に引きずり込まれたみたいな気分になるようです。

被害者はその時は混乱していて、何が起こっているか、分からなくなります。ただ、引きずり回されて、小突き回され、翻弄されて、本当にいらいらして爆発しそうになります。

 

被害者はずっと、相手もまともな主張があって、話しているのだと思い込んでいます。ただ、それがうなく伝わっていないだけだって。だから一生懸命に相手を分かろうとします。自分を分かってもらおうとするのです。

いまは興奮しているから旨く話せないのかもしれないと思って、落ち着いた頃、改めて話そうとします。しかし、やっぱり同じコトの繰り返しです。

面と向かって話すからいけないのかもしれないと思って、手紙やメールを書くこともよくされます。効果はありません。(読まずに捨てられていたりする)

 

モラハラの加害者には、話し合ってよくしようという気が元々ありません。

ただひたすらごまかすために攻撃しています。被害者は長い間ずっと、騙されていることに気づかずにいるのが多いのです。

 

被害者(犠牲者)

相手の意図が分からないと、不安になって深読みするようになります。

「もしかしたら私、自分が気づかないところで何か悪いことをしたのかな?」

「私には向こうが悪いように見えるけど、もしかしたらあの人は旨く説明できないだけなのかもしれない」

自分の行いを反省して、悪いところを探します。

「あっ、そういえば私・・」

無理に探せば自分の悪いところは必ず見つかるものです。自分が悪いと思うところは自己申告して加害者に謝ります。でもそれは逆効果なのです。

負い目があると知ると,相手はそこを狙って攻撃してくるのです。

自分が悪いと思っていると、抵抗することも、逃げ出すことも確信をもってできなくなります。でも誰も、気づかない、分かってくれない。

 

救助者

話し合いなんかできないのです。常識で判断してはいけないのです。

普通の人ではないのです。そういう人が世の中にはいるのです。

被害者は逃げるしかないのです。逃げなきゃ危険なのです。

攻撃され続け、萎縮して逃げることも出来なくなるのです。

何も考えられなくなります。魂を殺して生きていくようになります。

発作的にオーバードーズをしたりするのです。

 

さて、教育者、セラピスト、カウンセラーのあなたは、どうするか。

「役割がかわる」とPay off をつかむですが、役割を変えずに「被害者」をこのトライアングルから、脱出するために、TAをどのように使いますか。

 

2012年9月22日

お問い合わせ

ご相談などは、お電話または問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

Top of page