TA(交流分析)入門から資格取得まで

TA教育研究所TOP

TA教育研究所TOP

平成29(2017)年1月1日 

明けましておめでとうございます。

今年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

今年の大阪の元旦は、天候もよく

この時期には暖かく過ごしやすい

気持ちのいい一日でした。

 

みなさまは、どうお過ごしになられましたか?

 

このお正月のお休みに間に

2016年を振り返り、

自分にとっての2017年のイメージを

描かれる方も多いと思います。

 

目覚ましいITの発展と

そこからの学びや利便性を楽しんだり、

それらから発生する不具合でのイライラも多かったかも。

 

同時に、

伝統美術や芸術、技、智慧などの美さ(よさ)を味わったり、

人とのふれあいや、家族との時間に感謝したり、

またここでの体験から生まれるギスギスもあったかも。

 

出来事にイライラしたり

人間関係がギスギスしたりする機会が少なくなることや、

それらイライラやギスギスが長引かなくなる事は

私達にとっては、重要な課題です。

 

TA心理学は役立ちます。

 

人間関係で起こるギスギスの軽減はもちろん、

対象が人間ではないパソコンに向かっての

イライラも軽減しませんか?

 

イライラ(落ち込みもあるかも)しているあなたは、

その感情がお気に入りなのかもしれません。

TAでは、それらの感情を「ラケット感情」と呼び、

それらを手に入れる行動を「ラケッティアリング」と呼びます。

 

TAを学ぶと、

今まさに自分に起こっている出来事を

TA理論で説明し、図式化し、

名前を付けることができます。

それによって、

自分でコントロールしやすくなります。

 

TA教育研究所では、今年も

TA101・・・TA心理学入門コース

TAアドバンス・コース・・・TAをさらに深めるコース

TAアドアド・コース・・・TAを伝える技を学ぶコース

を提供します。

 

まずは、お申し込みから

詳しくは、『セミナー情報』をご覧ください。

お問い合わせ

ご相談などは、お電話または問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

Top of page