TA(交流分析)入門から資格取得まで

TA教育研究所TOP

TA教育研究所TOP

平成30 (2018) 年5月号

連休も終わり、

普通の週末、いかがお過ごしでしょうか?

 

今月は、

私達が外部からの

刺激を受けて行動に移すまでの

5段階をお話します。

 

私達は、起きている間

瞬間、瞬間、何らかの判断をしています。

 

今日のランチは何を食べようかな?

この洋服は、買う?それとも買わない?

会社をやめる?、続ける?

ホームに止まっている電車に乗るか、次を待つ?

などなど。

 

瞬間に判断する場合と

時間をかけて判断、結論を出す場合の両方があります。

 

それら判断の推移を五段階レベルでみてみました。

(洋服を購入するかどうかを例題にしてみます)

 

まず、

第一段階:

五感で入る情報を収集・・・視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚

プラス、体感など、外部からと内側からの感覚を確認する。

(わぁ!お気に入リの色、素敵なデザインなど外部からの刺激に反応)

 

第二段階:

直感・・・映像であったり、メタファー(比喩)。

(その洋服出かけているシーンや、注目度、周囲からの評価など)

 

第三段階:

概念化・・・自分や周囲が理解できるような言葉に置き換える

(クローゼットの中にある洋服を始め、

経済的、社会的を含む状況と手にしている洋服とを重ね、

NO! なのかYESなのかを考える)

 

第四段階:

仮設・・・何が必要か?!

(その場で購入? 一旦保留にして再度考える。その他を考える。などなど)

 

第五段階:

行動・・・仮説に基づいて具体的行動をとる

(これ、ください!と店員さんに告げる(^^)

 

という五つの段階があるようです。

恐らく第一段階、第二段階あたりまでは一瞬に過ぎ、

第三段階で、TAでいうP,A,Cそれぞれが

バランスよく働いているとその買い物は

後悔することなく素敵な買い物になる可能性が高いと思われます(^^

 

でも、(P)や(C)に偏り過ぎたり、

ディスカウントや誇張などが起こると

第四段階目での仮設が妙なことになります。

 

当然その次の第五段階目の行動にも影響し、

結果、Happyでないことになります。

 

人間関係や組織をみるときも、

この5段階システムを活用します。

第三段階での概念のところで

TA理論を使うと

あっ、ゲームになりそう!とか

ディスカウントや、

ストローク不足が見え、

必要な行動が明瞭になります。

 

「概念化」って、難しい言葉ですが、

「自分や周囲が理解できる言葉で

今起こっていることを表現する」

と理解してみてください。

 

自分のアイデンティティーが

はっきりしてくるようです(^^

 

TA理論を学ぶと

自分自身の考えや行動、気持ちを

言葉で表現しやすくなります。

自分自身の発見と確信を経験する

きっかけになります。

 

一緒に自分発見をしてみませんか?

おまけに、自分の周囲の人達の発見にもつながります。

 

まずは、TA101=TA心理学入門コースから!

次回開催は、6月2-3日の週末です。

詳しいご案内は、「セミナー情報」をご覧ください。

 

お申し込みはこちら

 

 

 

お問い合わせ

ご相談などは、お電話または問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

Top of page