TA(交流分析)入門から資格取得まで

TA教育研究所TOP

TA教育研究所TOP

平成30(2018)年8月号

学びは、楽しい!】

 

TAを学ぶと日常のギスギスした人間関係を

理論で説明することができるようになり、

どうしようもない!と思い込んでいた出来事の

解決の糸口が見えるようになります。

 

例えば、

親しい関係の人達と間で繰り広げられる

嫌な気持ちで終わるやりとり・・・心理ゲーム

 

毎日・・私の鍵どこに置いたかしら?

毎週・・だれがゴミを片付けるの?

定期的・・お休みや、月末などに繰り広げられるもめ事など、

 

こんな風に相手のお顔が見え、

およその時間や、時期的背景が定まっている時の

心理ゲームは、結構気が付きやすいです。

 

でも、時間的背景ではなく、

出来事が起こる際にしてしまうゲームもあります。

相手が定まっていない場合も多いです。

 

例えば、

自分が思うように物事が進まない時、

その出来事に関わっている人が相手となる

心理ゲームです。

 

出来事が発端となり

自分がダメだぁ~っと感じている時(I’m Not OK)や、

相手を責めている時(You’re Not OK)は、

出来事に関係している人とゲームをしている事も多いです。

 

時間的事象や、出来事が関わる場合のどちらの場合も、

お気に入りのラケット感情を手に入れるだけの

ラケッティアリングをしているだけの時もあります。

 

こう暑い毎日が続くと

それだけでもストレスなので、

ゲームをしたり

ラケッティアリングをしていたりで、

I’m OK-You’re OKから移動しやすくなっています。

ご用心、ご用心。

 

ぶつぶつ、モヤモヤしている自分を発見したら

I’m OK-You’re OKに戻ってきましょう!

 

それらを誰かと「一緒に」考える時間をとりましょう。

 

心理的ゲームって何?

ラケッティアリングって?

I’m OK-You’re OKから移動している?

 

そんなあなたには、

是非、TA入門コースの受講をおススメします。

 

TA理論の学びは、

人生が今までと異なる色合いになるきっかけとなります!

 

まずは、TA101TA入門コースから!

次回開催は、11月34日の週末です。

詳しいご案内は、「セミナー情報」をご覧ください。

 

8月TA101は、お陰様で6月下旬で満席となりました。

たくさんのご紹介ありがとうございました。

もし、受講をお考えの方がいらっしゃいましたら、

是非、早い目のお申し込みをおススメください。

 

お申し込みはこちら

 

お問い合わせ

ご相談などは、お電話または問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

Top of page