TA(交流分析)入門から資格取得まで

TA教育研究所TOP

TA教育研究所TOP

2013年9月5日

8月13日から18日の間、大阪国際会議場で開催された『2013ITAA国際大会 in OSAKA』は、世界20カ国から700名近い方々の参加と大勢のボランティさん達のサポートで、無事そして盛会に終えることができました。ご参加をはじめ、関わって頂いた方に深く感謝いたします。ありがとうございました。

主催者委員会副委員長並びに事務局長を引き受けた2011年の年末時の一日の時間の感覚と、大会が近付いてきた今年6月頃からの一日の時間の感覚を比べると、日増しに一日が短くなってきたように感じていました。そして究極は、大会期間中でした。瞬く間に「閉会式」そして、待ちに待った「ガラ・パーティ」の2時間もあっと言う間に終わってしまいました・・・。今は事務局としてのあと事務処理をしながら、徐々に「普通」の時間の感覚にもどりつつあります。

準備期間中のHP更新ご無沙汰は、このページをのぞいてくださっていた方々へのディスカウントでした。ごめんなさい。お詫びいたします。復活です。

 

ITAA国際大会in OSKAがらみのメッセージです。

最初に作成したチラシは、エリック・バーンの頬づえをつきながら正面に向かって微笑みかけている写真をメインに、タイトルが『TA/交流分析のスキルを国際レベルに!』でした。今回の大会では、文字通り世界20数カ国、国内は北海道~沖縄からの参加者どうしのふれあいや、有志の方々のさまざまな発表やワークショップから、『いろいろなTA』に触れ、参加された多くの方々が何らかの刺激を受けられたのではないでしょうか?その刺激が、新たなTAの発展につながることを切に願っています。

お問い合わせ

ご相談などは、お電話または問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

Top of page