TA(交流分析)入門から資格取得まで

TA教育研究所TOP

TA教育研究所TOP

平成31(2019)年2月号

今日2月3日は節分。

 

立春を1年のはじまりである新年と考えれば、

節分は大晦日(おおみそか)にあたります。

平安時代の宮中では、

大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める

「追儺(ついな)」の行事が行われていたそうです。

それら行事の一つとして、

「豆まき」がうまれたとか・・・(インターネットからの情報)

 

立春が一年の始まりとするなら、

お正月からの1ヶ月を振り返り、

「えっ! へぇ~~~!」と

少々取り消したいことなどがもしあったとしたならば、

今日3日の大晦日に

豆まきをしながら、

ちゃっかり、リセットしてみませんか?

 

そして、

明日4日から始まる新しい1年を

どんなふうに描くのか!

 

手に入れた気分でいくつか書き出してみましょう!

「手に入れた気分」というところが大切です。

 

~~~なったらいいなぁ・・・・とか、

~~~したい

という希望や、期待感ではなく、

 

なっています。とか

目の前で~~が起こっています。

というふうに、実況中継ふうに書き出す事が重要です。

 

視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚(五感)が

伴っているとさらにいいかもしれませんね。

 

誰もがわかるような描写がいいです。

 

これ、TAでいう

コントラクティングです!

 

出来上がり成果を他者と共有できることが

成功の仕組みには重要なポイントです。

 

 

新しい1年をどんなふうに過ごすのか、

その一つに、

「TAをTA教育研究所で学ぶ」を入れておいてください。

 

そしてまずは、

TA101=TA入門コースから!

 

国際TA協会公認教育分野教授の2名が講師を務める

TA101はここだけです!

 

今年最初のTA101開催は、3月2-3日の週末です。

詳しいご案内は、「セミナー情報」をご覧ください。

 

早い目のお申し込みをオススメします。

 

3月2日、会場でお待ちしています!

 

お申し込みはこちら

 

お問い合わせ

ご相談などは、お電話または問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

Top of page